ホーム > シグナル配信の、有効な通貨ペアの組み合わせのご紹介と、ご提案

シグナル配信の、有効な通貨ペアの組み合わせのご紹介と、ご提案

いつもシグナル配信をご利用いただきまして、ありがとうございます。

お客様におかれましては、シグナル配信の通貨ペアをお選びいただく際に さまざまな理由から、大変悩まれた末にお選びいただいていると存じます。

当社も運営するに当たり、どの通貨ペアをお選びいただきましても 高いパフォーマンスを上げていけるよう努力しておりますが、 相場の状態により、パフォーマンスにばらつきが出てしまうことも否めません。

そこで、今回新たに加わりました 豪ドル/円(AUD/JPY)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)を含めて リスクを分散させて、パフォーマンスを確保していける通貨ペアの組み合わせを ご提案させて頂く事にいたしました。

是非、ご参考にしていただける事を、お願い申し上げます。

もお勧めする理想的な通貨ペアの組み合わせ (3通貨ペア)

  • 1)  米ドル/円 (USD/JPY)
  •   +ユ-ロ/米ドル (EUR/USD)
  •   +ユ-ロ/円 (EUR/JPY)
米ドル/円と、ユーロ/円は、対円取引 という事で、よく似た動きをしやすいが、 米ドル/円で、ポジションを取りにくい時は 代わりにユーロ/円でポジションを取る 場合があります。また、ユーロ/円で、 ポジションを取りにくい時には 代わりに米ドル/円でポジションを取る 場合もあります。
これに、米ドルベースで動いている ユ-ロ/米ドルを組み合わせることにより 3通貨ペアのオペレーション(管理、稼働)が 可能になり、リスクを分散することが出来ます。

まさに、最もお勧めしたい理想的な 通貨ペアの組み合わせです。
  • 2)  米ドル/円 (USD/JPY)
  •   +豪ドル/米ドル (AUD/USD)
  •   +豪ドル/円 (AUD/JPY)
米ドル/円、ユーロ/米ドル,ユーロ/円と、 同じ効果のある組み合わせです。

米ドル/円で、ポジションを取りにくい時には 代わりに豪ドル/円でポジションを取る 場合があります。また、豪ドル/円で ポジションを取りにくい時には 代わりに米ドル/円でポジションを取る 場合もあります。
これに、米ドルベースで動いている 豪ドル/米ドルを組み合わせることにより 3通貨ペアのオペレーション(管理、稼働) が可能になり、リスクを分散することができます。

勧めする理想的な通貨ペアの組み合わせ(2通貨ペア)

  • 3) 米ドル/円+ユーロ/米ドル
  • 4) 米ドル/円+豪ドル/米ドル
  • 5) ユーロ/円+ユーロ/米ドル
  • 6) 豪ドル/円+豪ドル/米ドル
この、3),4),5),6)の通貨ペアの組み合わせ の特徴について、ご説明いたします。
この4種類の通貨ペアの組み合わせは 米ドルベースで考えると、米ドル高、米ドル安 と、単一方向に動く傾向が強いので この性質を利用して リスクヘッジオペレーションを行う事 (リスクを回避する為の戦略、操作)が出来ます。

以上、6種類の通貨ペアの組み合わせを、ご紹介させていただきました。

どの通貨ペアが、どんな時に、どの様に動くのかを予測することは 大変、難しいものです。通貨ペアを組み合わせてトレードすることにより リスクを軽減させて、リターンを確保しやすくすることができます。

お客様の個々の理由で、1通貨ペアのみだけ、シグナル配信を取りたい と言うお客様もいらっしゃるかとは思われますが、 そうした時でも、こちらの通貨ペアの組み合わせをご参考にしていただき、 配信以外の通貨のペアに関してもお客様ご自身で 組み入れてトレードをして頂く事をお勧めいたします。